スポンサーリンク

【シンガポール】はじめてのお引越しまとめ

物件探し

見つけ方

PropertyGuru

シンガポールで部屋探しといえばPropertyGuruのような存在です。今回、こちらのサイトを使って家を見つけることができました。スマホアプリもあるので、家を探しているときは毎日チェックしてました。笑 一ヶ月くらい部屋探しをしていたのですが、最初の頃と最後の頃では出ている物件が変わってたりしていました。気になる物件を見つけたらとりあえず内見に行くのがいいです。物件のページからWhatsAppに飛んで担当者に気軽に連絡が取れるので便利です。国籍・職業・ビザ・入居希望日・予算・その他条件などを準備しておいて、連絡する際に最初に送っておくと話が早いのでオススメです。

部屋探しをしていて日本と違うなと思ったのは、気になる物件を見に行って気に入らなくて断った場合でも、担当者は他の物件を紹介してくることはありません。自分から他の似たような物件紹介してよって言っておけば紹介してもらえるかもしれないですが、何も言わないとそういった営業はしないみたいですね。このドライな感じ好きですよ。笑

Bot Protection

お役立ち

お役立ちの”住まい”のページでたくさん物件でていて、結構頻繁に更新されてます。日本語でやり取りできるので英語で交渉はちょっと…という方はこちらがいいかもしれないですね。またルームシェアの場合でルームメイトは日本人がいいという方はこちらを利用される方が楽ですね。インドや中国の方々と一緒に住むのはなかなかきついという話を聞きます。(もちろんいい経験になるとは思いますが!)私も最初の家はこちらでみつけました。いろいろ慣れるまでは身近に日本人の方がいてとても助かりました。

シンガポールお役立ちウェブ シンガポール生活情報掲示板・教えて・意見悩み・友達・フリマ・賃貸・求人・サークル
シンガポールお役立ちウェブはシンガポール情報満載のシンガポール発の日本語情報サイト。シンガポール関連リンク集、生活情報、観光情報、求人情報、賃貸情報、ホテル情報等、シンガポールの様々な情報を発信中!

紹介エージェント

英語話せない方向けに、よしなに物件を見繕ってくれて契約とか初期の面倒ごとをやってくれる日本語が話せるエージェントが存在するようです。知り合いの紹介で話だけ聞いたんですが、自分で見つけてPropertyGuruで契約すればかからないのに、家賃料の1ヶ月ぶん取られるとのことで、すぐさま私はお断りしましたw 駐在で会社がジャブジャブお金出してもらえるとかなら利用すると便利かもですね。

入居手続き

私はPropertyGuruにて物件を決めたので、その経験を記しておきます。

エージェントにアポをとる

内見をするにはPropertyGuruに掲載しているオーナー側の担当者(エージェント)に連絡を取らないといけません。内見をする前にいつ入居するのかや金額はいくらで交渉したいかなどを伝えておく必要があります。いくつも内見をすることになるので、私の場合以下のようなテンプレを作成し各エージェントに最初のメッセージで送っていました。

Nationality: Japan
Profession: Web Engineer(Employment Pass)
How many pax: 1
When move in: Current contract is going to be expired on the end of June.
How long: 1 year
Budget: up to xxxx

決めたら契約書のサインする

部屋を決めたら、契約書にサインをします。私の場合は、私の当時住んでいた家の近くのカフェでエージェントと待ち合わせをしました。(お茶おごってもらいました)事前に仮の契約書をWhatsAppで送っておいてもらっていたので一通り目を通して疑問点は質問して明確にしたり、間違っている点があれば指摘したりしていました。契約書の英語って難しいですね..。結構時間かけてGoogle翻訳使いながら読みました。ですので、会ったときにはほとんどザーッと確認するだけでしたが英語が難しいので時間かけていいよとのことだったので一通りじっくり変わってるところがないか読み直しました。特に問題もなくサインしてその日は終了でした。

デポジットを払う

契約書にサインをした日に、その今日中に入金しておいてとのことだったので、銀行のアプリから家賃の1ヶ月分をオーナーに送金して、送金済みのスクリーンショットを取ってエージェントに贈りました。するとエージェント経由でオーナーに入金を確認してもらい無事デポジットの支払いが完了しました。

鍵の受け渡し

鍵の受け渡しは入居する部屋にてエージェントと予定をあわせて行われました。入居日をその週の日曜にしていたのですが、当日や前日が都合がつかないとのことで前々日の金曜に受け渡しとなり、今日最初の一ヶ月の家賃を振り込んでおいてと言われました。デポジットと同様、銀行のアプリから振り込んでスクショをエージェントに送って確認してもらいました。初月の家賃は私の場合この鍵の受け渡しのタイミングだったのは、エージェントの優しさのようでした。契約時に家賃の2ヶ月分支払うのは厳しいでしょ?って会話が契約のときにありました。お金を持ってなさそうに見られなくていいことがあるなんて(笑)

入居

前に家とオーナーにお別れを告げ、バンを呼ぶほど荷物がなかったので電車で1回、Grab(タクシー)で1回の合計2回で運搬完了でした。ルームシェアからの引っ越しはそんなに荷物が多くないので楽でした。荷物が多い場合は GOGOVANを予約したりするんですかね?

GOGOX Singapore | Same Day Delivery | Courier Singapore
GOGOX(formerly GOGOVAN) is the first app-based logistics platform in Asia committed to providing extensive logistics services through innovative technology.You ...

1ヶ月以内に壊れているところを直してもらう

シンガポールの家は結構ハリボテで、キレイだけどプロフェッショナルの方々が作ってる感じしないですよねw 入居して寝室の電気のスイッチがカパカパしていたので業者をエージェント経由で呼んでもらって修理してもらいました。

ネット開通

入居してからネット利用開始できるまで2週間かかりました。Singtelの契約をしたんですが、Singtelがルータ等を設置に来る前にネット開通可能な状態なのかをチェックする業者が家に来ました。その業者が作業してOKが出て、後日Singtelの人が来てネットが使えるようになりました。ネットの契約の際に家の契約書を見せるように言われることがあったため入居前はできそうにないなかったので、早くても2週間くらいはかかるんだなと思いました。現代人、ましてやエンジニアともなるとネット使えない期間はネット使いたすぎてワナワナしてましたw 我慢の限界がくるとケータイのテザリングつないだり、通信容量ガッツリ使ったりしてストレス発散してました。

Happy New Life

一連を経験してみて、思ったほど海外での引越は大変ではなかったなという印象です。しいていうなら家を見て回るのがエージェントが毎度違うことで一番時間使ったのでめんどくさかったです。

自分の中の整理も踏まえて書いてみましたが、どなたかのお役に立てれば幸いです!

ビバ・新生活!

コメント

タイトルとURLをコピーしました