スポンサーリンク

【シンガポール】ムスタファでスパイスを揃えてカレーを作る

スパイスでカレーを作るぞ!

スパイスからカレー作ってみたい!とふと思いました。

シンガポールに住み始めて幸せなことの一つにインド料理が身近で安くて美味しいということがあります。インド料理とか特にカレーがかなり好きなんだと気付かされました。ジャパニーズなカレーももちろん好きです。

簡単に作れるのか?と調べてみると意外とできそう。

必要なスパイスは

  • ターメリック
  • コリアンダー
  • クミン
  • チリ

で基本的にはカレーができるとのこと。

思い立ったが吉日。レッツトライ。

ムスタファセンター

美味しくできるかなーと思ったりもしましたが、いや、できるかできないかじゃなくて、やるんだ!という気持ちで勢いつけてムスタファセンターで買い出しに行きました。

仕事好きそうじゃないインド人が24時間やってるのすげーなって来る度に思いますし、あの雑然とした雰囲気も好きですねー。

食品フロアは2Fにあります。シンガポールのお土産コーナーの棟じゃない南側の棟です!

スパイスみつけれるかな〜という心配をよそに、めちゃくちゃたくさん置いてあったのですぐわかりました。

長い通路の棚一列がスパイス&スパイス。

同じスパイスでもいろんなメーカーがあったり種のままだったりパウダーにされてたり何が違うのやら。

今回は超基本のカレーを作りたいのでパウダーのみを選択しました。

購入したスパイスがこちら。

  • クミンパウダー 250g : $2.4
  • コリアンダーパウダー 250g : $1.7
  • チリパウダー 250g : $1.75

ターメリックは前にiherbで購入していましたのでムスタファでは購入しませんでしたが、これらと同じ並びにも陳列されていました。

調理開始!

さあ作りましょう!

まずはカレーのベースを作っていきます。

レシピはこちらのサイトを参考にしました。

  • クミン 大さじ1/2
  • コリアンダー 大さじ1/2
  • ターメリック 小さじ1/2
  • チリ 小さじ1/2
コリアンダー(左上),チリ(右上),ターメリック(左下),クミン(右下)

各パウダーを準備した段階でクミンがカレーの匂いなんだという気づきがあって面白かったです。そしてカレーの色はターメリックでできているんだなーとわかりました。

一回で大さじ1/2とかしか使わないので今回買った材料で何回カレーを作れるの!?っていうくらいコスパすごいです。

玉ねぎを炒め、トマト・ヨーグルト・ニンニク・生姜を入れ、塩・コショウ・水そしてスパイス。

カレールゥを使わないで、自分でルゥを作る。実におもしろい…。

そんなこんなでベースの完成です。

出来上がった香りもスパイシーで”家で作るカレー”のそれとは違います。

今回はチキンカレーにするので、このベースにチキンを入れて火を通すとチキンカレーの完成です!

できあがりをみると日本の黄色いカレーとは違い赤みをおびている感じになりました。インド料理で出てくるカレーもこんな感じ!よしよし。

こういった色合いや香りもスパイスの調合で変わってくるのではないでしょうか。いろいろ試行錯誤して自分のベストな組み合わせを見つけるのは楽しそうです。

肝心のお味ですが、ちゃんとインドカレーになっていておいしかったです!

どのスパイスがどう効いてこうなったのか。

ベースを作るときにスパイスだけでなくトマトやヨーグルトあたりの量を調整するとまた味が変わってきてオリジナリティが生まれそうです。

クリエイティビティの玉手箱や〜。

ありがとうムスタファ

ムスタファ以外にもスパイスは売っているのかもしれないですが、シンガポールのインドといえばムスタファでしょ!ということでムスタファでスパイスを集めてカレーを作ってみました。

安いうまい楽しいの三拍子そろった楽しい遊び。ご飯で遊ぶな!?って言われないよう、趣味カレー作りです(スパイスから)って言えるように、あと何百回と作れそうな量の残っているスパイスたちと戯れていこうと思います。

ありがとう、ムスタファ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました